FC2ブログ

お題「雨の音」

冬の雨は冷たい。
雲行きが気になってちらちら外を眺めていた。
傘を持っていても天気は気がかりだ。
補習が終わって玄関に行くと、彼女が途方に暮れたように立っていた。
静かな雨の降りしきる空間をぼうっと見つめる気だるい眼差しは、しっかり焦点を結ぶいつもの彼女とは程遠い。
蛍光灯の明かりのせいか、頬が少し青白く見えた。
儚いな、と思った。
彼女は思い立ったようにマフラーを解くと、頭に被った。

「傘ないの?」
「わっ」

走りだそうとした一歩目をしくじったせいで、彼女は転びそうになった。
ローファーの靴底はよく滑る。

「もう、びっくりした」
「いや、つい」

「つい」何をしたかったんだろう。

「家まで走る気? 元気だなぁ」
「走るしかないじゃん。いつ止むかわかんないし」
「入っていけばいい」

傘を差し出した。
幸い、補習を受けた生徒は少ない。
別に見られたところで、どうということはない。
みんな受験で手一杯だし、その受験も終わってしまえば卒業するだけだ。

「な、なんか悪いしさ! 私が持つよ!」

傘の柄をもぎ取られた。
いまいち格好がつかない。

しばらく歩くと、しゃくしゃくと足音がするようになった。

「みぞれだ」
「雪になるね」
「うん」

寒さから口数が少なくなっていく。
街灯の下を通ったとき、彼女の指が赤くなっていたので使っていた軍手を片方を渡した。

「わー、指先が余るー」
「そこは我慢して」
「ぬるい」
「優しさとはぬるいものなのさ」
「まあいいや。ありがと」

さらに歩いていると、傘に当たる雨音が変わった。

「雨から雪に変わる音、初めて聞いたかも」

彼女は街灯に傘をかざして、裏から傘に乗った雪を見る。
学校を出たときからずっと息は白い。
明日の朝には何もかもが白い。

「それは可愛い気付きだね」
「気付きに可愛いも可愛くないもないでしょ」
「俺の主観ではあるんだよ」
「そう言われるとそうですかとしか言えないなー」
「うん。そうなんだと受け入れてくれ。多分、君も聞いたことはあるんだよ。気付かなかっただけで」
「ほんとに? その瞬間、私が外にいたことがないって言い切れる?」

つんとあごを上げて俺を見てくる。
いつもの強い目だ。
きゅっと結んだ唇が乾いている。

「その理屈は可愛くないね」
「ルールのわからないスポーツを見ているようだ」
「そう簡単に理解されちゃたまんねえよ」

今更傘を取り返すのもなんだし、肩を抱いた。
袖が濡れていた。

「ちょっと、これはアレじゃないですかね」
「まあまあ。お受験前に風邪引いちゃなんだし」

彼女は大人しくそのまま歩く。
何を考えているのか。
訊きたい。
進路はどうするのか。
地元に残るのか。県外に出るのか。
どこに行くのか。何をするのか。
訊くのは怖い。
彼女が遠くに行くつもりなら、それはいつまでも曖昧であってほしい。

「あんたさ、大学」
「うん」
「どこいくの」

地元の国立大の名前を挙げた。
「ふうん」と、彼女は唇をとがらせて何度かうなずいた。

「前に言わなかったっけ?」
「確認したかっただけ」

分厚い雪雲のせいで月も星も見えない。
灯りは少ない街灯と、時々通る自動車のライトくらいだ。
彼女の家が近い。

「ありがと。ここからは、ちょっと走ればほんとにすぐだから」
「君、走るの好きね」
「なんかさー、思うんだよね。革靴で走れるのって女子高生の間だけなんじゃないかって」
「大人になったらハイヒール、みたいな?」
「うん、まあイメージだけど」
「君が走りたかったら走ればいいよ。怪我しなきゃいい」
「怪我したら?」
「おんぶしてあげよう」
「うわあ恥ずかしい」

彼女は俺の手に傘を押し付ける。
俺のものなのに、返してもらうのは惜しい気がした。

「で、君はいつ俺の愛に気付いてくれるの?」
「やだぁ、もう」

いつもの軽口のひとつと思われたんじゃ仕方ない。

「本気だって言ったらどうする?」
「『さっきから気付いてた』って言う」
「さっきィ?」

えらく具体的だ。
彼女は僕の、傘からはみ出ていた方の肩に触れる。

「濡れないようにしてくれたのも、手袋っていうか、軍手貸してくれたのも、ほとんど半分濡れても全然文句言わないのも」

冷たい指が手を握る。
初めて、感覚が鈍くなる程自分の末端が冷えていたことに気付いた。

「あんたが言うところの愛でしょ」
「その根拠は可愛いね」
「でしょ?」

彼女は僕のマフラーを掴んで引き寄せ、軽く唇で唇に触れた。

「私、あんたと同じ大学受けるの。落ちるかもしれないけど、今はそんなこと考えない」
「いい考えだね」
「あんたは私より賢い。先を走ってて。追いつくから」
「うん」
「それが私の愛よ」
「うん」

女子高生が最強の生き物なら、彼女は最高の生き物だ。

「結局家まで来ちゃったね」
「こんなこともあるよ」
「おやすみ」
「おやすみ」

こんなことで生きていける気がするんだから、俺だって最高かもしれない。
冬の夜道。
灯りがあれば足元は灰色のシャーベットだろう。
スポンサーサイト



お題「思わせぶりな態度」

 抱えていた資料の山を放り出すように長机に置くと、彼女はパイプ椅子を引いて座り込んだ。

「ありがとう。それで最後だから」
「いろんなところが痛いです」

 彼女は背もたれに思い切りもたれて身を反らす。
 スカートの裾が持ち上がって太ももが半分以上むきだしになった。

「お疲れ。あんまり傾くとこけるぞー」

 どうしても目がいってしまうのを隠そうとしたら気付かれるだろう。
 ここは見えても気にしてないふりをする。

「悪かったな。他の奴も忙しくて」
「今から筋肉痛がきてます。若いから」

 頬杖をついて脚を組みながら愚痴をこぼす。

「今、遠回しに僕をおっさんみたいに言ったよな」
「トントンしてください。先輩ならお触りオッケーですよ」

 返事になってない。僕の抗議はどうでもいいらしい。

「またそんな思わせぶりなことを」
「うふふ」
「君、自分の可愛さ自覚してやってるよね」

 さすがに僕も疲れていたので、机を挟んで彼女の向かいに座る。
 コピー室と図書室を何往復もした。
 少々だらけてもいいはずだ。

「それ、あたしが可愛いってことですよね」

 頬杖からあごを外して、ぱっと笑顔になった。
 「可愛い」って言葉が栄養源みたいな、それだけで生きていけそうな喜びようじゃないか。

「はいはいそうね」
「先輩があたしのこと可愛いって。ふふふ」

 彼女は両手で自分の頬を包んで目を閉じ、うつむいた。
 上気してるのは動いたからだろう。
 僕だって暑い。唇を噛んで舐めると塩辛かった。

「何度も言うなよ。僕を弄んで気分がいいか」
「先輩をからかうのは楽しいですよ」

 うつむいたまま上目づかいに僕を見る目が笑っている。 

「いいリアクションしてくれるから先輩は割と好きです」
「割とってなんだよ。気を持たせて遊んでるといつか刺されるぞ」

 行儀が悪いとわかっていながら、胸ポケットにさしていたボールペンの先で彼女を指した。

「平気ですよ。気を持たれて困る相手には持たせないんです」

 彼女はそのペン先に人差し指の先で応じる。

「僕『で』遊んでるな?」
「先輩『と』遊んでるんです」

 「楽しいでしょ?」と、彼女は立ち上がってスカートの埃を払った。

「僕をからかって何になるんだ」
「むきになってくれるかなって」
「例えば?」
「あたしに触ってくれるかなって」
「それほんと?」
「この目が嘘を言ってる目に見えます?」

 僕を見下ろす目が思いっきり笑っていた。

「信用できねえ」
「ほんとですよ。ほら」

 と、手を差し出す。捕まって立てということか。
 そのとおりにしてやった。

「嘘じゃなかったでしょ?」
「そうね」

 まだ手が握られている。汗で湿っているのがすまない気がした。

「ほんとはもっと――」

 足音が近付いてくる。他の委員が帰って来たらしい。

「この状況でそそのかしてくるなんて君はほんと鬼だな」
「でも嘘つきじゃないです」
「思わせぶりなのはわざとだろ」
「先輩が疑り深いだけです」
「そんなに言うなら期待するぞ」

 彼女は「どうぞ」なんてわかりやすい答えはくれず、手を解いて僕の唇をスイッチでも押すみたいに触れて去っていった。
 もう一度舐めてみた自分の唇は、やっぱり塩辛かった。
プロフィール

ciza6sfeuc/白澤カンナ

Author:ciza6sfeuc/白澤カンナ
「人を楽しい気分にさせることは素晴らしいことなんよ」を座右の銘にがんばります。
twitterはじめました。更新お知らせ&ぼやき用です。本ブログの更新は不定期なので、良かったらフォローしてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR