スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなことより野球しようぜ!(1)

 中学の同級生にはあまり会いたくない。会いたくなかったが、電車を一本ずらしたばかりにこうなった。

「おー、伊織ひさしぶりじゃーん」
「お、おう」
「その制服はあそこか。野球しかしてなかったのによく受かったな」

 やっぱりその話か。特待生を辞退してから、死ぬ気で勉強したんだよ。

「仕方ないだろ。投げられないんだから。普通の学校受けるしかなかったんだよ」
「あ……悪い」

 電車がホームに滑り込む。そいつは気まずさに負けたらしい。

「ま、あれだ! がんばれよ!」

 ちゃっ、と手を上げると、逃げ込むように車両に乗っていった。

(何をだよ)

 人の少なくなったホームで舌打ちをする。肘は治ったと言われている。でも、全力では投げられない。一試合投げ抜くこともできない。

(何をがんばれって言うんだよ)

 学校に着いた。朝のHRまで時間がある。
 校門を過ぎたところで、ごつい手が肩を掴んだ。

「やあイオリン! 今日は一際浮かない顔じゃないか!」
「まあ、例のあれよ」
「あ」

 俺の進路の話題を「あれ」で察してくれる。さすがテリー。照井が訛ってテリー。伊達に小学生からバッテリー組んでない。

「まあいじけてないで元気出してよ。野球やろうぜ!」

 こいつは軽いキャッチボールや遊び程度のノックでも、野球と言う。俺に「野球」から離れたと思わせたくないんだろう。でも、選手として戻ってこいと言うことは一度もなかった。
 グランドの隅っこで、無言でキャッチボールをする。この時間は嫌いじゃなかったし、テリーもどこかほっとしているようだった。
 フェンスの向こうから視線を感じた。球がすっぽ抜ける。暴投。

「――あ、悪い」

 小走りでボールを拾いに行くテリーをすり抜けて、俺の目は一人の女子をとらえた。気のせいじゃない。ずっとこっちを見ている。

「ハロー!」

 女子の肩が跳ねる。まさか話しかけられるとは思っていなかったらしい。朝なのにハローだし。

「君も、野球に興味があるのかい?」

 よく通るいい声だ。彼女は動けないでいる。俺でも驚いた。彼女もびびっているに違いない。
 時計を見ると、もういい時間だった。

「テリー、彼女引いてるから。行くぞ」
「ちぇー」

 靴を履き替え、教室に向かう。

「お前何やってんのよ。俺はびっくりしましたよ」
「なんでよ。いいじゃん。みんなで野球やればいいじゃん」
「そりゃそうだけど、ちょっと見境なさすぎるよ」
「……」
「どしたんよ」
「あの子」
「ああ、あの子」
「どっかで見たことない?」
「知らん」

 女子なんて同級生くらいしか接したことない。

「俺のアーカイブに引っかかるってことは、絶対どこかで会ってる!」
「あー、もー。どっかのチームの応援にでも来てたんじゃないのか」

 そうかなぁ、とテリーは不服そうに頭を掻いた。



 転校生が来た。今朝の女子だった。

「――晶です。よろしくお願いします」

 やっぱり思い当たるフシがない。彼女が頭を下げると、肩下の髪が素直に流れる。切れ長の目が伏せられるとマネキンみたいだった。

(こんな子、見たら絶対覚えてるって)

 息を止めて彼女を見ている間、名字を聞き逃したことに気付いた。

「はい先生! 俺の隣に謎の机が出てるってことはアレでしょ! 彼女、ここに来なさいってことでしょ! ウェルカム!」
「そ、そうね。照井君。あー、まあ、仲良くしてあげてね」

 先生、あまり仲良くさせたくなさそうに見えます。



 半月経つ頃には、晶は馴染んでいた。女子の群れ社会に素早く順応している。それが俺には不自然に見えた。

「おもしろくねえ」

 自分自身、淡々と体育の授業をこなしながらぼやいた。

「なんで? 女子の体操服がブルマじゃないから?」
「いや、あいつ」

 女子の集団に目をやる。少し背の高い晶が目立つ。

「ああ、晶ちゃん。いい子だよ」
「おもしろくねえ」

 何がおもしろくないのか、自分でもよくわからなかった。

「あいつ、たまに目が笑ってなくないか。妙に冷めてるっつうか」
「気のせいじゃない?」

 テリーが首をひねる。

「ま、伊織がそう思うのも無理ないかもね」
「あ? さっきまであいつの肩持ってたのに?」
「晶ちゃん、手抜きしてる」
「手抜き?」
「あの体見てよ」
「女子にしちゃ背は高いけど、でも普通だろ。あんなの珍しくない」

 晶くらいの体格の女子なら、中学にもいた。

「あれ、筋肉だよ。皮下脂肪があるからだまされるけど、相当絞ってる。胃のあたりがプニっとしてないでしょ」
「どうなってんだよ。お前の目は」
「それにあのケツと大腿筋。もっと瞬発力が出るはずなのに、ずっと軽く流しっぱなしだね」
「お前、そこまで見てたんか」
「本気出してないわけだから、伊織が気に入らないって思うのも無理ないかもね」

 テリーの観察眼に戦慄しているうちに授業が終わった。

「で、あのケツはお前の記憶にはございましたか」
「ございませんね」
「でもあの顔は見覚えあるんだろ」
「ありますね」

 晶が視界に入ると、なぜかイライラした。何か後ろめたい気分になった。俺は晶に何もしてない。

「でもいいよね。ああいう生意気なボディーライン。俺はああいう美人のいいケツを思い切りスパーンってひっぱたくのが夢なんだ。そして涙目で怒られたい」

 唐突に夢を打ち明けられて「具体的過ぎて引くわ」と返すのが精一杯だった。



 休日、自転車でCDを借りに行った帰りに気まぐれでバッティングセンターの前を通った。肘を故障してからあまり通りたくなかったけど、そういう気になった。硬球を真芯でとらえるいい音がしていた。音の間隔からして、一人が打っているらしい。
 別に興味があるわけじゃない。自販機を使いたいだけだと、自分に言い訳しながら自転車を止めた。なんとなく気配を殺してケージに近づいた。硬球で、一番速球が打てるところだった。
 打者は右打ち。こちらに背を向けている。リラックスした大きな構えに見覚えがあった。化け物じみたスイングの速さにも、見覚えがあった。馬鹿の一つ覚えみたいにフルスイングしかしないところにも、覚えがあった。

「すごいだろ、アキラちゃん」

 店主らしいおじさんに声をかけられた。

「アキラ?」
「おじさんね、何度もスカウトしてるの。草野球のチーム。でも、いっつも振られちゃうんだよねえ」
「よく来るんですか?」
「うん。君みたいな歳の近い子がいれば、あの子も楽しいと思うんだけどねえ。どう? 君も」
「俺も遠慮しときます。実は去年故障しちゃって」
「ああ、それはつらいねえ」

 一ゲーム終わったらしく、アキラがバットを置く。ヘルメットを脱ぐと、納められていた髪が重たく背中に落ちた。女だった。
 彼女はトイレに行き、すぐベンチに戻ってきた。手を洗ったらしい。鞄をさぐって小さな裁縫セットとライターを出した。

(ああ、豆ができたのか)

 うつむいていて顔が見えない。彼女に興味が湧いたけど、それを悟られるのは嫌だった。でも、誘惑に負けたので彼女がもう1ゲーム打つのを眺めていた。

(すげえなこいつ)

 投げたい、と思ってしまう。なんて女だ、と口走りそうになるのを飲みこむ。
 おじさんにはなんとなくお礼を言って帰った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1ゲト

見させてもらいました!

いおりんかわええですなぁ・・
面白かったです(`・ω・´)

新作待ってます(

Re: 1ゲト

ありがとうございます。
伊織については好き嫌いが分かれるので、気に入ってもらえてよかったです。

がんばります。

すごく好きな作風だった!
続編よみたい

No title

新作マダー

「目が覚めたら幼馴染が…」を読んでそこから飛んできました

とても引き込まれる作風でファンになりました
これからも面白いの書いてください

>>タカモン様

ありがとうございます。
照れますが嬉しいですね。励みになります。
がんばります。

>>120様

SS速報VIP様で書いているものが今日で完結しますので、まとめたものを近日中にアップします。

元スレ
男「目が覚めたら幼馴染がまたがってた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379946906/

>>ナナシ様

ありがとうございます。
今度は照井メインで何か書こうと思います。
よかったらまた読みに来てください。

おもしろいっっ♪♪

あまりにも面白くてぶっ続けで読んでしまいました。
まとめから来ましたが、続きも楽しみにしてます!!
ほんとにこんなワクワクするの久しぶり♪♪

>>tomo様

ありがとうございました。
今度書くものは照井がメインになります。
続きというかその後の話です。
また見に来てください
プロフィール

ciza6sfeuc/白澤カンナ

Author:ciza6sfeuc/白澤カンナ
「人を楽しい気分にさせることは素晴らしいことなんよ」を座右の銘にがんばります。
twitterはじめました。更新お知らせ&ぼやき用です。本ブログの更新は不定期なので、良かったらフォローしてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
twitter
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。